※国土交通大臣認定申請中



Q&A

簡易マニュアル



「2×4壁式2」オートデモ 15.0MB


「2×4壁式2」DXF取込オートデモ

意匠CADデータ(アーキトレンド等)→JW-CAD(DXFデータ)に変換後
  2x4壁式の配置データとして取り込み










●一貫計算 ●トラス ●オーバーハング
●杭基礎 ●布基礎 ●べた基礎


「2×4壁式2」概要書出力例



※発注書をプリンターに出力の上、FAXで弊社にお送りください。

カタログはこちら

FAX:03−3523−2971

 19620日改正建築基準法および告示、構造計算概要書に対応したアプリケーションです。 構造計算概要書の書式に準じた出力をいたします。 計算方法は、仕様規定、性能規定、品確法に対応していますので、設計方法が選択できます。 2×4壁式は、RC壁式造と木造枠組壁工法(2×4)の混構造建物の構造計算をするアプリ ケーションです。2×4住宅は、断熱性や耐震性に優れるばかりか、最近では2×4工法の耐火 構造が可能となり、防火地域での2×4住宅(100m2超)や4階建ての共同住宅さらには、商業施設、ホテル等の建設が可能になり総合的なアプリケーションが求められるようになりまし た。
対応プログラムは以下のようになります。

<デンコー2×4壁式シリーズのラインナップ
 木造×4許容応力度設計プログラム ×壁式 ¥400,000
木造2×4一層RC壁式プログラム 2×4壁式RC ¥150,000
★木造×4基礎計算プログラム ×壁式基礎 ¥100,000
★木造×4保有耐力計算プログラム ×壁式保有 ¥100,000
木造2×4地下壁の設計プログラム 2×4地下壁 ¥120,000
★2×壁式for2×4専用CAD ×壁式CAD ¥300,000
★2×壁式for2×4オプション屋根トラス 2×4壁式屋根トラス ¥50,000
2×4壁式for構造計算概要書 2×4構造計算概要書 ¥50,000
「アーキトレンドZEROVer.4」データ互換 2×4壁式ftb取込み ¥80,000
はオプションプログラムです

2×4壁式
枠組壁工法建築物構造設計指針に準拠した許容応力度の計算を行います。建物規模は、5階建て(小屋裏部屋含む地上5階+地下1階)とし1階壁式RC造+42×4建築物の最大5階建て混構造もしくは最大5階建て2×4建築物(*1)の構造計算書を作成します。長期応力と水平応力は、平均せん断力法による地震時応力と風荷重時応力を計算します。断面検定は、2×4の頭つなぎ・たて枠・まぐさ・根太・軒先たるきの検討をします。

*1
 防火地域・準防火地域内は4階建て

2×4壁式基礎(オプション)
地中梁と布基礎・べた基礎・杭基礎の計算が可能です。

2×4壁式RC(オプション)
最下層の一層がRC壁式の混合構造の解析が可能です。(地下も可能)

2×4壁式保有(オプション)
枠組壁工法建築物構造設計指針に準拠した保有耐力の計算を行います。

2×4壁式屋根トラス(オプション)
屋根トラスの上下弦材の応力及び部材断面計算を行います。

2×4壁式 CADfor2×4(オプション)
2×4部・・・・・・柱割図・床伏図・アンカー図
1階RC部・・・・・大梁・地中梁・壁リスト、床伏図、平面詳細、架構詳細
●屋根は、たるき方式及び屋根梁方式を計算、トラス方式も計算可能(オプション)

●小屋根裏を部屋とする場合は、階として計算します。

●枠組壁工法(2×4)では、長期軸力の計算と平均せん断応力度法による地震と風の応力計算と部材の断面計算を行います。

●1階は、壁式鉄筋コンクリート造(WRC)と木造の2×4が指定できます。WRCでは、応力計算と部材の断面計算をします。

●地中梁及び布基礎・べた基礎・杭基礎の断面計算をします。








対応OS Windows 2000,Me,XP,Vista,7,8,10
CPU Pentium3以上
メモリ 128MB以上、256MB推奨
HD容量 30MB以上
ディスプレイ 1280×960以上推奨